利用や取得の時に知っておきたい基礎知識とは

気軽に取得を

船舶免許の一般化に伴いより取得し易い環境に

かつて船舶免許を取るべくスクールに通う人と言えば、漁業関係者であったり、マイボートを所有している、あるいは購入予定という人が大半を占めていました。ですが最近ではその傾向も少しづつ変わってきています。 最近ではレンタルボートやその拠点となるマリーナの充実、そしてボートメーカーによる休日レジャーとしての気軽なボートライフの重点的なPR活動により、経済的にマイボートを所有出来ない人や釣りを始めとしたマリンレジャー好きな人を中心として、積極的に船舶免許を取得しようとする人が増えてきているのです。 この様に船舶免許が一般的になるにつれ、その取得コースも次第に数を増してきています。今後は各地にマリーナの数が増えると共に、船舶免許取教習所の数もそれに比例して増加し、より教習所に通い易い環境が出来上がってゆくものと考えられます。

船舶免許の種類や取得の仕方

船舶免許とは、一般的に小型船舶操縦士免許のことを指していて、小型船舶操縦士免許とは、日本の国内での小型船舶(プレジャーボート、モーターボート、ホバークラフト、ヨット、水上オートバイ)の運転に必要な免許です。 船舶免許には現在4つの種類があります。それは、操縦できる大きさが総トン数20トン未満で航行区域が無制限の一級小型船舶操縦士、 操縦できる大きさが総トン数20トン未満で航行区域が平水区域および海岸から5海里以内に限定されている二級小型船舶操縦士、水上オートバイ専用の特殊小型船舶操縦士、営業用小型船舶の操縦に限定された特定小型船舶操縦士です。 船舶免許の試験では身体検査や学科試験や実技試験などがあり、船舶免許取得には、独学で試験に臨むケースと、教習所に通って試験に臨むケースなどがあります。

↑ PAGE TOP